IGC接骨院

国分寺市・小平市、一橋学園駅近くの整骨院

 042-322-7774

予約ボタン

PUSH予約ボタン2 《予約優先制》ご予約はこちらから

交通事故後時間が経ってから痛みが出てきた時の対処

      2016/10/05

物損事故として処理してしまった

思いがけず交通事故に遭ってしまった時、頭が一瞬真っ白になりパニックになってしまうことはよくあります。

そうした事故直後では、まず警察を呼んで、相手の連絡先を聞いてとしなければいけないことがたくさんあり、些細な身体の痛みに気がつかないことがよくあります。

ましてや、強い衝撃では身体が興奮状態にあるので、脳内からアドレナリンが分泌され多少の痛みは感じない状態に陥っています。

また、弱い衝撃でも、精神的な興奮状態にある場合もやはりアドレナリンが分泌され多少の痛みは感じない状態になります。

その時に警察や事故の相手に身体に特に問題ないことを伝えてしまって、物損事故として処理してしまうと、その後、身体が興奮状態から覚めたときに痛みが出てきても、交通事故との因果関係が認められないとして、自賠責保険や任意保険を使った治療が受けられない場合があります。

 

できるだけ早く病院に行く

交通事故後、痛みが出てきたら速やかに病院に行き、医師の診断を仰ぎましょう

その後、診断書を警察に提出して人身事故に切り替えてもらいましょう。

事故発生日から概ね10日程度ならこの方法で人身事故に切り替えることが可能です。

遅くなると、交通事故との因果関係の証明がしづらくなるので、できるだけ早く病院に行くことが望ましいでしょう

 

警察が人身事故として扱ってくれない場合

警察がもし、交通事故と怪我の因果関係が認められないとして、人身事故で扱ってもらえなかった場合は、加害者側保険会社に対して「人身事故証明入手不能理由書」を提出することで、民事上の処理では人身事故として取り扱ってもらうという方法があります。

警察が取り合ってくれなかった場合は保険会社に連絡して人身事故証明入手不能理由書をもらいましょう。

 

実際には・・・

整骨院で、交通事故に遭った患者さまやそれ以外の怪我をされた方で、受傷直後は痛くなくてもその日の夜や、翌日に痛みがでてくるということはよくあることです。

しかしながら、5日後や10日後に痛みがでてくるとなると、私も因果関係については疑問を感じてしまう所があります。

痛みが出てきたらできるだけ早めに病院に行きましょう。

ただ、翌日痛くなっても、すぐに病院に行けなかった場合は翌日から痛いなどの訴えはしっかり医師に伝えておいた方が良いでしょう

人身事故として認められた後は自賠責保険や任意保険を使って接骨院でも治療を行うことができますので、電話もしくはインターネットからご予約の上ご来院ください。

 

 - その他