IGC接骨院

国分寺市・小平市、一橋学園駅近くの整骨院

 042-322-7774

予約ボタン

PUSH予約ボタン2 《予約優先制》ご予約はこちらから

推奨されない腹筋運動

   

推奨されない腹筋運動

かなり前の記事になりますが、日本バスケットボール協会では、いわゆる上半身を起こす腹筋運動は「推奨できないトレーニング法」として日本代表の強化などで伝えていると報じられていました。

理由

理由として、腰を丸めた姿勢での腹筋運動では背骨の間にある椎間板に圧迫力がかかり、これが椎間板を摩耗させ、ヘルニアなどの障害を起こすリスクがあるというものでした。

つまりは、上半身を起こす腹筋運動をすると腰痛になるリスクがあるので、違う方法で腹筋を鍛えましょうということです。

推奨されている腹筋運動

では、腹筋はどのように鍛えるのが推奨されているのか?

それは仰向けで腰と首を動かさないように、胸を丸めるようにして頭を起こすカールアップという形の腹筋運動が推奨されています。

鳩尾(みぞおち)のあたりを支点にして行うような感じですね。

この方法では、腰を動かさない為、椎間板に圧迫力がかからず、腰痛になるリスクが少ないということが言えると思います。

 

腰痛になると腹筋をするといいという話をたまに耳にしますが、そのケースはスポーツから遠い人ほど当てはまらないことが多いように個人的には感じます。

接骨院で仕事をしていると腰痛の人と話すことは多いですが、よく耳にするのはどちらかと言うと「腹筋をすると腰が痛くなる」です。やり方の問題もあるし、そもそも、大事なのは腹筋を鍛えることではないということも多いです。

人によって必要なことは違いますので、画一的なものではなく、ご自身にあったものを選択できるといいと思います。わからなければ、専門家に聞くのが一番だと思います。

いつでもご予約お待ちしております。

 - 健康コラム, 腰痛(ようつう)